不動産売却査定

マンションなどを売る際の査定についてどんなかんじかといいますと、不動産を売却したいと思っている人は、不動産の売却価格を決めるために、不動産の査定をしてもらうことになります。査定というのは、その不動産が現在金額にしてどのくらいの価値があるのかを金額で価値を評価することです。

 

土地は別として建物の場合は、一般的に、新しいときに比べて、値段が安くなってしまっています。年数の他にも建物の状況により査定される金額はかなり違いがあります。どのように査定をするかというのは、坪数や間取り築何年といったことでだいたいの見積もりをする方法もありますが、実地でその不動産を見て査定をしてもらったほうが、本当の金額に近いと思います。この査定については、どこで聞いても同じということではなく、その査定の確認のためにも、最低でも3社くらいの不動産業者に聞いた方が、不動産を高く売却するコツです。

 

実際に何社かに聞いてみると査定をする業者によって評価額が変わることがわかることになります。できるだけ多くの業者に査定をしてもらって少しでも高く買い取ってくれるところやその他の条件面も含めて最も良いどころにどこに売却をするのかを決めるとよいでしょう。しかし、できるだけ高く売りたいといっても、いくつかの業者に査定をしてもらってもちょっとショックを受けることもよくあり、中古住宅などの査定については購入時の価格からすると悲しいほど低く評価されてがっかりしたということもあるようです。