不動産の買取

不動産を買い取ってもらう場合の注意事項などを簡単に書いてみます。土地や家などを売ろうと思ったら、その仲介を不動産会社に依頼して、不動産の買い手を探してもらうという方法もありますが最近では、不動産売買業者に買取をしてもらう方法もあります。こういった方式ですと買取価格はその会社によって査定額にも差があることが多く、売却をしたい不動産の買取価格がいくらになるのかをしっかりと見積もりをしてもらわなければなりません。

 

不動産買い取りをしてもらう際のポイントとしてはその不動産業者の買取価格が予想より低かったら一旦保留して、他の不動産業者にも査定を依頼してもいいですし、あらかじめ数軒の不動産会社に査定を依頼しておいて比較をすることをすべきではないかと考えます。その他にも、例えば、場合によって最初は買い手を探すために広告を出して、買い手がなかなか居ないようでしたら、不動産会社で買取をすることを考えるといった場合もあるようです。

 

しかし、現実問題として不動産売買の仲介の形で手数料を得るより安く買取って、高く売った方が儲かるのでほんとうは買い手はわりと見つかるような物件でも、買い手が見つからなかったと言って自分たちで買い取ることに話を持って行って、なるべく安く売却させるようにして高く売却して利幅を取ろうとするような不動産会社もありますから騙されないためにも何社かに査定をしてもらうのです。